So-net無料ブログ作成

笑四季 ユナイテッド タンジェリン 特別純米 火入熟成 入荷しました。程良い爽やかさと端正な中に優しさを感じるお酒です。 [笑四季]

しぼりたての生酒を低温で1ヶ月半ほど置き、甘味が乗りバランスが良くなったところで火入し、その後1度の定温庫にて静かに熟成させたお酒です。

このお酒、今年1月の生酒出荷時に蔵元杜氏の竹島さんは、9号系酵母の特徴を前面に出し「男性的な剛を表現してみました。」とコメントされていました。
その時の味わいは、柑橘系の酸味主体の爽やかな味わいでしたが、さて火入されてどう変わったでしょうか。
笑四季ユナイテッドタンジェリン 特別純米火入熟成
バニラのような香りが爽やかに立ち上がります。
飲んでみると甘酸っぱさが良いですね、フィニッシュに感じるほのかなバニラの香りと爽やかさが素晴らしいです。

杯が進むと、バランスのとれた甘酸っぱさが程良くふくらみ、フィニッシュにバニラのような笑四季らしい香りがほのかに広がります。
目一杯広がらないところが奥ゆかしいです。
温度が上がると、甘酸っぱさの底にドライフルーツ系のテイストを感じます。

翌日は、やや酸味の勝った甘酸っぱさが広がり爽やかです。
後口の余韻に優しい甘味を感じつつ静かにフェードアウトしていきます。

三日目、柔らかい甘味が優しく広がり、フィニッシュに顔をのぞかせる酸味もほのかに感じ良いです。
味の出方が端正で、笑四季9号系酵母の特徴が良く出ています。
二口目、少し温まると、柔らかくてクリーミーな甘味が良いです。
後半になると酸味が甘味に割って入り、フィニッシュは酸味の余韻で終わります。旨い!
さらに温まると、フィニッシュに青草のニュアンスを伴ったフルーツの瑞々しい味わいを感じます。

生酒では爽やかなイケメンタイプのお酒でしたが、火入されたことにより、爽やかさは程良く、端正な顔立ちの中に優しさを感じるお酒になっています。


23BY、麹米:信楽町産山田錦60%、掛米:滋賀県産日本晴60%、日本酒度+1、酸度2.4、アミノ酸度1.3、ALC:17度、酵母:笑四季26号酵母、瓶火入後1度で貯蔵熟成


日本酒専門店 Sake芯 http://www.sake-sin.com/
Sake芯 ショッピングサイト http://shop.sake-sin.com/

いつもブログ見ていただき有難うございます。
ブログランキングに参加しています。
下をポチッと押して頂けると大変嬉しいです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0